IMG_9547.JPG
楽天などインターネット通販への参入を検討しているしまむらは、2018年2月21日付で専務の北島常好(きたじまつねよし)氏が代表取締役社長に昇格することを明らかにしました。
スポンサーリンク





しまむらの社長交代は13年ぶりということになります。

しまむらによると、近年のビジネス環境の変化により、代表取締役1人体制では業務にスピード感が失われている場面がでてきたとのこと。

それを受け、今後しまむらは代表取締役会長に野中正人氏、代表取締役社長北島常好氏という2トップ体制での対応へ。

しまむらは楽天市場やZOZOなど今後はインターネット通販への参入も視野に入れているとされています。その事業拡大を受けての新体制がスタートします。

しまむらの代表取締役社長に新しく就任する北島常好氏は、1959年埼玉県生まれ。

流通経済大学を卒業後、1983年にしまむらに入社。1996年に商品1部長、2009年に取締役、2013年に常務取締役に昇進。

2015年に取締役専務、そして2018年2月21日よりしまむらの代表取締役社長に就任します。

自分の適性に合った衣類を見つけることは幸せにつながることでしょう

スポンサーリンク

買い物をしながら心に留まる風景を見つけるのも、お出かけの醍醐味であると感じます

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
関連コンテンツ&スポンサーリンク