社会のグローバル化や昨今の不況のあおりから、日本企業のなかにも、欧米式の「成果主義」を導入するケースが増えてきました。成果主義とは、ノルマ達成率や営業実績などで人材を数値でシビアに評価し、デキる社員には多くの給与を与える一方で、デキない社員の給与はぐんと下げる経営手法です。またそこでは、使えないと判断された社員は容赦なくリストラされます。自動車製造・販売の日産をはじめ、成果主義の導入により、会社全体が引き締まり、大きく会社の利益を伸びたケースも多々あります。
終身雇用をベースにする株式会社しまむらが展開する、洋服店ファッションセンターしまむら
.JPG
▲終身雇用をベースにする株式会社しまむらが展開する、洋服店ファッションセンターしまむら

ただ、そのような風潮のなか、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらは、昔ながらの終身雇用をベースにした給与査定にこだわってます。アパレル業界の風雲児として先進的な施策を次々うちだしてきた株式会社しまむらにしてはある意味、意外なことかもしれません。終身雇用は古い日本式の形骸化しつつある考えかただからです。ただ、そこには、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらの、社員・パートひとりひとりを大切にする経営理念が込められていたのです。

新卒で採用された、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらの社員たちは、数年間、年齢・勤続給をベースにした給与が査定されていきます。そして勤続を重ねて役職がつけば、そこに管理職手当てが加わっていきます。もちろんしまむらの社員たちは上司によって評価がなされるわけですが、基本的に終身雇用をベースにした考え方なので、給与に差がでるとしても大きな格差までは生まれないといいます。

そこには、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらが、社員やパートの幸せを第一にした考え方が見え隠れします。確かに、欧米式の成果主義を導入することでも、株式会社しまむらの業績は伸びていくでしょう。というより、短期的にみれば、加速度的伸びていくと思われます。成果を数値化し出来の悪い社員やパートをリストラすることで会社全体は引き締まると考えられるからです。

ただ、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらは、そういった成果主義の手法をしません なぜなら、出来が悪い社員やパートも大切な従業員として面倒を見るという考えかたがあるからです。それは、成果主義を否定する考え方ではなく、お客と同様に、スタッフひとりひとりもひとりの人間としてあたたかい目で世話をするという考え方です。出来の悪い社員がいることで、少々売上が伸びなかったとしても、彼らも含めたスタッフ全員が幸せに楽しく仕事をしていくことを株式会社しまむらは優先しているのです。

もし成果主義を導入すれば、確かに一時的に業績は伸びるかもしれません。ただ、能力による格差が生じると社内はシビアな雰囲気となり、人間関係もギスギスしてしまうことでしょう。そのような労働環境では、人間は幸せを感じにくくなってしまうというのが、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらの考え方なのです

確かに、個々の能力差は短期的に埋まるものではないかもしれません。ただ、能力が不足していると考えられる社員やパートが、堅実に努力を重ねて数年後、デキル人材になるといったケースも現実的には少ないながらもあるわけです。洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらは、そういった人材ひとりひとりの持つ潜在能力も、長い目で見て評価しているのでしょう。そして、全体を総合して考えたとき、成果主義よりも、年齢や勤続年数をベースにした年功序列をベースにした給与査定が、洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらには合っているという考えに至っているのでしょう。

「社員、パートひとりひとりを大切に考える」といえば、先日、テレビ東京の人気番組「カンブリア宮殿」で紹介された、人気急上昇中のファミレス「ばんどう太郎(坂東太郎)」の経営哲学にも通じるものがあると思います。

「仕事は人生の大切な時期におこなうもの。だからこそ社員、パートひとりひとりにとって仕事は楽しく面白いものにしていかねばならない」。そういった日本的な考え方で洋服店のファッションセンターしまむらを展開する株式会社しまむらは躍進してきました。昔ながらの終身雇用を今も重んじる株式会社しまむらが今後、どのように展開していくのかますます目が離せません。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
関連コンテンツ&スポンサーリンク