日本にあるアパレル専門店の多くは、商品の配送については外部の配送業者に委託しています。なぜ外部に委託するのかというと、アパレル専門店は、衣類の仕入れやデザインはできても、物流のノウハウがないからです。また、商品を大量に配送するために必要な大型トラックを何台も保有することは一筋縄にはいかないのです。
IMG_9547しまむらは自社内で物流システムまでも構築.JPG
▲しまむらは自社内で物流システムまでも構築

そんななか、ファッションセンターしまむらは、経費を少しでも削減するために、「商品の配送も自社でやってしまおう」という大胆な発想にでます そして藤原会長をはじめ、物流について徹底的に探求し、トラックを数十台購入。そしてついに、しまむらの自社内に物流システムを構築してしまいました。ファッションセンターしまむらは他社が真似ようと思っても真似できないとしばしばいわれますが、しまむらの「物流システム」もこれもそのひとつでしょう。

しまむらの物流システムは一体どのような仕組みになっているのでしょうか?それを説明するには、商品の流れをおさえることが必要です。ファションセンターしまむらは商品をどこから仕入れてくるかというと、500件を超える取引先からです。婦人服、紳士服、靴下、ふとんカバーほか、仕入れる商品は多岐にわたっています。まずその取引先から、しまむらのバイヤーが目利きをして売れそうな商品を買い付けます。そして、それらの商品が運ばれるのは全国に6ヶ所あるしまむらの「物流センター」です。

しまむらの「物流センター」は倉庫としての役割とともに 商品を仕分ける作業も担っています。しまむらの「物流センター」に到着した商品は、機械により高速で仕分けられ、全国に散らばるファッションセンターしまむらの各店舗に配送されていくのです。さらに、ファッションセンターしまむらの各店舗では、商品の売れ行きに応じて、店舗間で数点単位の商品を配送しあいながら完売を目指すのです。

そういった煩雑な配送を繰り返し行っていれば、本来ならば多額の送料がかかり経営を圧迫するでしょう。しかしファッションセンターしまむらはそれを可能にしています。なぜなら、しまむらは物流のすべてを自社内で行っているからです。外部の配送業者と違って自社内の物流システムをつかって発送するなら、送料は原価のみ(荷物一個あたり60円ほど)というわけです。つまり、大量の商品をどこに運ぼうと、ファッションセンターしまむらは激安で運べてしまうのです。結果的に、ファッションセンターしまむらでは商品が次々と売れて回転率も高まっていくのです。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
関連コンテンツ&スポンサーリンク