手頃な価格帯の洋服や雑貨が気軽に購入できる「ファッションセンターしまむら」といえば、幅広い年代から人気のお店です。ベビー服・子ども服・女性・男性など年齢を問わずに販売していますし、靴下や肌着、日用品(マットレスやクッション)、お店によっては子ども、向けのおもちゃなどもありますし、しまパトなんて言葉もあります。

IMG_3780.JPG

■ファッションセンターしまむらは働きやすい

実際に私が、しまむらでバイトをした経験があります。都内の店舗ではないものの、少し地方にある大型店です。オープンの10:00〜仕事をしていましたが、同じような年代である20代〜40代前後の女性が多かった記憶があります。


職場の雰囲気としては、お互いに和気あいあいとしているので、人間関係のトラブルもほとんどありません。子どもがいるスタッフも多いので、休暇をとるときは、他のスタッフが穴をカバーする形で進めていきます。お互い様なところもあるので、急なお休みでも嫌な雰囲気になりません。あと、客層が、ファミリーや年配の人が多く、和やかな雰囲気なのもありバイト初心者でも働きやすいと感じました。


■ファッションセンターしまむらのバイトメリット

あと、しまむらで働くメリットの一つに「福利厚生」面が大きいかなと思っています。私自身もしまむらで買い物をするので「買い物優待制度」で定価から10%オフとお得に購入できます。しまむらで人気の最新アイテムが入ってくれば、ゲットしやすいのもバイトならではの特典だと思います。パートになると賞与ももらえますし、昇給や永年勤続によってもらえるものもあり、一度勤めると長く働いている人が多い印象です。


※アパレル関係は働きやすく「楽なバイト」のひとつに考えられることも少なくありません。他のどのような楽なバイト(長期)があるか知りたい人はこちらのランキング記事もご参照ください。ちなみにアパレル店員は25位です。


■ファッションセンターしまむらのバイトデメリット

しまむらのバイトで辛いことといえば、店舗が大きく商品を把握する、管理することの難しさがあると思います。どこに何があるのかを覚えるのも大変ですし、セール時はとても混雑します。福袋の販売もあるなど、繁忙期にならではのデメリットもあります。閑散期と繁忙期の差があるので、なかにはきついと感じることもあります。バイトは長く勤めるものの正社員は異動もあるので、引き継ぎなどの大変さなどの問題もあります。


■まとめ

ファッションセンターしまむらは仕事を通して接客のノウハウはもちろん、スキルを身につけたい人にもおすすめです。新しい商品が次々に入ってくるからこその大変さもありますが、最新のアイテムをいち早くチェックできるなど、おしゃれが好きな人にとっても得られることがたくさんあると思います。 (30代女性)



自分の適性に合った衣類を見つけることは幸せにつながることでしょう

スポンサーリンク

買い物をしながら心に留まる風景を見つけるのも、お出かけの醍醐味であると感じます

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
 タグ
関連コンテンツ&スポンサーリンク